日本地図・47都道府県をマスターする

教育において、地理、とりわけ日本地図と47都道府県を覚えることは、とても重要と考えています。

日常生活の話題、旅行、歴史など、日本地図・47都道府県ではどこでも出てきます。日本地図・47都道府県をマスターしておくことで、それらに関する追加の情報が無意識にアップデートされ、自然と社会科が得意になっていきます。

地図の重要性は以下の書籍でも紹介されています。

うちの子どもは案外簡単に覚えることができました。以下、うちの子どもの覚え方です。

都道府県の名前を覚える

以下の絵本と動画で覚えました。視覚と聴覚を使って、都道府県の名前そのものと県庁所在地や特産物などを一緒に覚えます。

この絵本では、1ページずつ各都道府県の形に似ているモノと特産物の説明があり、そのモノとリンクさせて都道府県名を覚える仕組みになっています。小さな子どもでも楽しみながら覚えることができます。現に1歳の子どもでも「鬼(ナマハゲ)いるのは秋田!」とか楽しんで覚えていました。

リズミカルな歌で楽しく都道府県を覚えられました。各都道府県の情報は薄いので、絵本で補います。

都道府県の形を覚える

上記の絵本のパズルがあるのでそれで都道府県の形を覚えます。(絵本が改訂されたため、いくつかの県は絵が古いのだけが残念です)

都道府県に触れる

壁に日本地図を貼っていれば、日常生活で無意識に都道府県が目に入るので効果的です。

また、野菜・果物など都道府県に関連するモノに触れるとき、旅行に行ったときなど、関連する都道府県を復習すれば、日本地図・都道府県をマスターしていけると思います。